« コヤブボードってなんだ? | トップページ | 明日から夏休み(^。^) »

2009年8月 5日 (水)

東京@山谷地区

今日はいつも通り過ぎてしまうココを紹介しましょう(^-^;

台東区日本堤2丁目交差点・・・ 地名は「泪橋」
下が泪橋交差点の写真です。
手前の広い道を右方向に行くと南千住
交差して走っているのが明治通りです。

IMG_1624  
IMG_1624 posted by (C)CT110

いわゆる山谷と呼ばれている地域ですな。

ココに止まって、しばらく町の様子を眺めていたら、あることに気づきました。
それは外国人(旅行者?)が多いと言うことです。

その①

IMG_1616
IMG_1616 posted by (C)CT110

その②

IMG_1625
IMG_1625 posted by (C)CT110

その③

IMG_1626
IMG_1626 posted by (C)CT110

英語で言うとエコノミーホテル 昔は簡易宿泊所といいました。言葉のニュアンスでずいぶん変わるモンですな。
とにかく料金が安いので、宿泊代を浮かせたい旅行者にはもってこいのようです。

IMG_1620
IMG_1620 posted by (C)CT110

ひとつ通りを中に入るとこんな風景が広がります。
ちなみに料金は一泊素泊まり¥3000円前後のようです。

ところで泪橋の由来、知っていますか?

今では川も橋もありませんが、昔(江戸時代)には、明治通りが用水路だったようです。
そしてそこに架かる橋が泪橋なんですな。

当時(江戸時代)、泪橋を渡ったところに、罪人を処刑する「仕置き所」(いわゆる首切り場・刑場)があった。千住小塚原(こずかっぱら)として有名です。(現在のJR操車場のあたり)

当時はこの地域は江戸の町の外れ、辺境だったのでしょう。
この橋を渡ると追放という意味もあったと聞いています。
罪人がこの世の別れで橋を渡る、涙を流してお別れした・・・と言うことで泪橋という名前が付いた、と言うのが私の記憶です。
間違っていたらすみません。

東京は面白い@ディープだ~~

ブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッとおねがウイッシュ 感謝crying

|

« コヤブボードってなんだ? | トップページ | 明日から夏休み(^。^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185605/45843465

この記事へのトラックバック一覧です: 東京@山谷地区:

« コヤブボードってなんだ? | トップページ | 明日から夏休み(^。^) »