« 暑い日には爆音をどうぞ(^_^;) | トップページ | 息子の追っかけ(^^ゞ »

2011年8月13日 (土)

Super8とプリンセス・トヨトミと北の国からに共通することは?

何でしょう?

昨日の夜、もうすぐSuper8(映画)が終わってしまいそうなので、頑張って見てきた。
さすが、スピルバーグ。いい映画です。面白いし、はらはらするし、いかにも映画してます。

そして、ちょっと前に弾みで見た「プリンセス・トヨトミ」

そしてまた、今日のお昼頃、再放送されていた「北の国から・初恋」をちらっと見て、あることに気がついた。

この3作品に共通していることは何でしょう?
といっても、3本見た人がどれくらいいるか定かではないが・・・・・・

答え  男親  (の愛)  です。

Super8の主人公の2人には、母親がいません。
2人ともちょっと問題のある男親と暮らしています。

「北の国から」は、言わずとしれた「黒板五郎」のドラマでしょう?

そして「プリンセス・トヨトミ」は、男親の命を懸けた一言(遺言)が秘密のテーマなのです。

たまたまこんな傾向の映画を見てしまって、男親の私としては、非常に共感できるものがありました。

母親というのは、それはもう大きな大きな存在で、別に比べるモンではないのはわかっているんですが、ここで感じたのは、男親の一言は重い、ということです。

普段はたいしたことを言っていなくても、これだけは、と言う一言が必ずあるものです。

この3作品には、この重い一言が、うまく描かれていたと思います。

特に{プリンセス・トヨトミ」なんか、非常にマイナーな映画で、 かなり少数の人しか見てないと思いますが、これがですね~、いい映画なんですよ。

ある意味、日本人の映画だと思います。(関西人かな?)
機会があったら見てみて下さい。

「北の国から・初恋」のあの有名なシーン、泥のついたお札シーンも、臭いのはわかってるんですが、私なんか泣けちゃうんですよね~~~

いや~~~、映画っていいモンですね~~~

ブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッとおねがウイッシュ 感謝crying

|

« 暑い日には爆音をどうぞ(^_^;) | トップページ | 息子の追っかけ(^^ゞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185605/52467078

この記事へのトラックバック一覧です: Super8とプリンセス・トヨトミと北の国からに共通することは?:

« 暑い日には爆音をどうぞ(^_^;) | トップページ | 息子の追っかけ(^^ゞ »