« ISO終了、そして出張 | トップページ | ブラタモリはオモシロイ^^; »

2011年11月22日 (火)

福島県いわき市

出張先がいわき市でした。
この病院には以前システム導入の時に、よく通いました。

3月に震災があってから、初めての東北地方。
相当被害を受けたことは、電話等で聞いていましたが、自分的にも色々あり、現地に支援に行くことはできなく気にはなっていました。

今回、研究会の開催がこちらに決まったと聞いて、行かないわけにはいかないと思っていました。

午後2時からの開催に間に合うように、常磐線特急スーパーひたち号でいわきに向かいます。

それは水戸を過ぎたあたりからでしょうか、屋根にブルーシートがかかっている民家の数が増えてきました。震災から半年以上過ぎているのにまだまだ爪痕は残っているみたいです。

いわきに着いて、研究会の会場に向かいます。
そこは海岸線から約1㎞くらいに位置する病院施設群。

お世話になっている事務長のF氏の出迎えを受け、その時の話を伺いました。

一見、普通に見える施設も、やっとここまで復興したとのこと。
一階部分がすべて津波にのまれたと聞き、にわかには信じられませんでした。

だって、海岸線には防風林がびっしりと並び立っていたから、まさかとは思いましたが、F氏によると、その防風林を軽々と超えて波がおそってきたとのことでした。
10㍍以上はあるでしょうか・・・
その光景を想像し、背筋が凍る思いでした。

しかし、訓練のたまもの、職員や患者を2階3階に移動させ、人員の喪失はゼロとのこと。
それに関しては良かったけど、その後が地獄だったのこと。大変でしたね。
話が尽きません。

今、いわき市では、復興特需にわいているといいます。
例の原発事故の作業員たちが多数流入して、人口が一時的ですが、膨れているそうです。
その人たちが夜の街に繰り出すので、ネオン街はにぎやかでした。
治安も悪くなっているそうです。
色々あるんですね。現場に行ってみないと空気がわからないです。

自分には、何でお手伝いできるかわかりませんが、出来ることは何でもやらせてもらおうと強く思って帰ってきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッとおねがウイッシュ 感謝crying

|

« ISO終了、そして出張 | トップページ | ブラタモリはオモシロイ^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185605/53306334

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県いわき市:

« ISO終了、そして出張 | トップページ | ブラタモリはオモシロイ^^; »